<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ピンクサンゴの中岳

f0316348_19205109.jpg
12月23日、中岳に朝駆けしました^ ^


登った山
「中岳」


会った人
九重山行クラブ」のボッチさん、「赤毛日記」のなおさん、「九重逍遥」の大暇さん
大空の風景写心」の大空さん、「4seasons」のsumiさん、北九州の悠悠さんご夫妻


今日の山行は全く予定していなかった。何故なら21日の山行に満足していなかった訳ではありません。しかし、23日の天気が全て良かったので、これが今年最後の山行のつもりで決行する事にしました。午前0時に自宅を出発、途中三愛で準備をして3時前に牧ノ戸Pに到着、仲間の皆さんはすでに到着していました。3時過ぎにー4℃の牧ノ戸出発しました。空には星が輝いていましたが、沓掛辺りからガスの中でした。途中、沓掛を過ぎた辺りでなおさんが追いつ来ました。今日はなおさんが一緒なので心強いです。西千里に入った頃から又星が見え出して、今日の天気予報が当たりそうな予感がしました。久住避難小屋で時間調整をして、ボッチさん、なおさん、Ryonaの4人は中岳に、大暇さん、大空さんは天狗が城に向かいました。着いた中岳は未だ真っ暗です。ボッチさんとRyonaは色々と撮影していましたが、私となおさんはおしゃべりタイムです。その内黎明が始まり、雲海、ガス、ピンクの霧氷と忙しい時が始まりました。



f0316348_19213014.jpg


ガスをまとう三俣山


f0316348_19212494.jpg



ピンクにく染まるじゅう連山



f0316348_19211924.jpg

雲海と稲星山
f0316348_19211381.jpg

雲海に浮かぶ祖母山



f0316348_19210732.jpg

裏焼けと天狗が城


f0316348_19210289.jpg

天狗が城のモルゲンロート


f0316348_19204624.jpg

ピンク色に染まる霧氷と三俣山


f0316348_19203808.jpg

ピンク色に染まる霧氷と大船山・白口岳


f0316348_19203211.jpg

ピンク色のガスをまとう久住山


f0316348_19202666.jpg

ガスをまとう稲星山


f0316348_19202081.jpg


天狗が城とブロッケン


f0316348_19201420.jpg

ガスをまとう三俣山


f0316348_19195826.jpg

朝日が当たるくじゅう連山




ブロッケンが終始出ているのですが色が薄くて残念(ーー;)撮影が一段落したので私となおさんは先に池の小屋へ降りました。池の小屋は又雪まみれになっていました。なおさんと二人で雪を落として皆が座れる様にしました。最近は池の小屋管理官のいりえさんが来ないので、小屋が雪まみれです。早く〜〜帰って来てくださ〜〜い!! 皆が降りて来たので朝食タイムです。雑炊で体を温めて写真を撮りながら下山を開始しました。とても天気が良くて暖かいです。一昨日が嘘の様です。途中、星生崎下で悠悠さんご夫妻に遭遇しました。今日は夫婦水入らずの山行の様です。



f0316348_19195232.jpg

中岳と雲


f0316348_19194688.jpg

御池と雲


f0316348_19193331.jpg


霧氷と久住山


f0316348_19192505.jpg

久住山と雲


f0316348_19191706.jpg

扇が鼻と阿蘇の噴煙


f0316348_19191108.jpg


星生山


f0316348_19190284.jpg
霧氷のトンネル



下山後、夕駆けするsumiさんにお会いしました。良い夕景が見れると良いですね^ ^
今日が今年最後の山行になります。年末は何もしない私でも少しは忙しくなるのでこれ以上山行は重ねられません。最後の最後に素晴らしい光景にに会えてとても良かったです。
今年は色々と有難うございました。アクセスしてくださる皆様のお陰で今年も良い一年になりました。来年も頑張ってアップしますのでよろしくお願いいたします。
少し早いですがそれでは良いお年をお迎えくださいm(_ _)m


by sanpo


[PR]
by cnogmai8255 | 2014-12-23 23:04 | 山歩 | Comments(14)

久々の天狗が城朝駆け

f0316348_16214178.jpg
12月21日、天狗が城に朝駆けしました^ ^


登った山
「天狗が城」 「中岳」


会った人
九重山行クラブ」のボッチさん、「九重連山を歩く」のYさん
1人ですけど、なにか?」のnacchi***さん、大分の須藤さん、福岡の櫻木さん


最近は土曜日の天気が余り良くない。今週も又日曜日に登る事になりました。前日、自宅を出発牧ノ戸Pへ向かいます。今日の道路は先週と違って道路脇にしか雪がありません。昨日の雨で雪が溶けたようです。10時過ぎに着いた牧ノ戸の温度は3℃、何時もより温度が高いです。でもいざシュラフで寝ると寒さが身にしみます。2時過ぎに起きて用意をして3時過ぎに出発しました。今日はボッチさんと3人です。皆さんは忘年会などで忙しいのでしょうね。ガスに覆われた登山道には沢山の雪があります。山は雨では無かったのかも…久住避難小屋で時間待ちをしていると、男性が1人入って来ました。よく見ると「九重連山を歩く」のYさんです。最近、忙しくて余り山行が出来ない様で久しぶりにお会いしました。今日は天狗が城に朝駆けだそうです。それに年初の朝駆けの下見も兼ねてるそうです。そしてYさんは池の小屋へ、私達も少ししてまだ早いのですが天狗が城に出発しました。日の出前、三脚にカメラを付けてカメラのフードを付けようとしてフードが外れずに三脚と一緒に登山口に落ちてしまいました。丁度その時nacch***さんが、登って来ました。見られたかな?nacch***さんとも久しぶりです。最近は遠征が多くて会う機会が減っていました。それに今日は美味しいマフィンをいただきました。ご馳走様でした。又よろしくお願いします。そのうち黎明が始まり空が明るくなって来ました。が…坊がツルからガスが流れて来てあっという間に山を呑み込んでホワイトアウト……これで万事休すと思いましたが、日の出前に素晴らしいガスのショーが始まりまた。



f0316348_16221482.jpg


中岳・大船山の黎明


f0316348_16220896.jpg


ガスに呑み込まれだした大船山


f0316348_16220006.jpg

日の出前の中岳


f0316348_16213436.jpg


中岳と日の出


f0316348_16211964.jpg


中岳・稲星山と日の出


f0316348_16211441.jpg


霧氷と中岳


f0316348_16210747.jpg


霧氷越しの中岳


f0316348_19100750.jpg

ガスの中から顔を出す久住山
f0316348_18023185.jpg

製作者不明の雪だるま


ブロッケンを求めて中岳へ移動しましたが、中岳はガスの中、晴れそうもないので今日は諦めて池の小屋で食事を取り下山する事にしました。今日は雑炊です。Yさんに頂いた鮭を入れて今日はワカメと鮭の雑炊です。体を温めて下山開始です。今日は朝以外は終始ガスの中でした。オマケに風が強く、粉雪も舞っていました。それでも朝の素晴らしい光景に出会えて満足な1日でした。



by sanpo



[PR]
by cnogmai8255 | 2014-12-21 19:22 | 山歩 | Comments(0)

モルゲンロートのくじゅう連山


f0316348_21412433.jpg

12月14日、大船山に朝駆けしました^^


登った山
「大船山」

会った人
九重山行クラブ」のボッチさん、「ゴリの気まぐれ日記」のゴリさん
大空の風景写心」の大空さん



土曜日、日曜日と風が強そうで登山には微妙な天気です。色々と思案しましたがボッチさんが日曜に大船山に登ると言うのでついて行く事にしました。7:30に自宅を出発、今日は今水の登山口で車中泊です。途中、黒川温泉を過ぎた辺りから道路がツルツルでタイヤが空回りをします。瀬の本を過ぎて登りになるとそれがひどくなりました。車が1台ハザートを焚いて止まっていましたが、私達もここで止まると動けなくなるので如何しようもありませんでした。花公園を過ぎる位からやっと道も大丈夫になりましたが、予想外に時間が掛かって今水に着いたのは11:00でした。今水は少し雪がちらついていましたが、見上げる空には満天の星が輝いていました。今日はシュラフを2枚持って来ていたので暖かく寝られました。
2時に今水を出発しました。登山口にはさほど雪は降っていないのでアイゼンを着けずに登って行きました。東尾根に取り付いてから雪も深くなり風もすごい音を立てて唸っていました。ポールの広場を過ぎロープ場の手前でアイゼンを着けましたが、雪が深くてアイゼンが効きません。色々なことで時間が掛かって大船山に着いたのは6:30位でした。途中、御池の渕で一瞬ガスが切れて御池の綺麗な霧氷が見れましたがすぐにガスに包まれてしまいました。頂上に着いてもガスの中でしたが、ガスが切れて出てきたのはとても素晴らしいモルゲンロートくじゅう連山でした。




f0316348_21413917.jpg


御池の霧氷と太陽の光


f0316348_18542507.jpg



段原



f0316348_18541879.jpg


ガスのかかるくじゅう連山


f0316348_21413165.jpg


モルゲンするくじゅう連山


f0316348_21411683.jpg




朝日に染まる御池


f0316348_21410683.jpg




モルゲンロートのくじゅう連山


f0316348_21405723.jpg




雲の合間から差し込む朝日と御池


f0316348_21405082.jpg




御池と太陽


f0316348_21404228.jpg




ガスの流れるくじゅう連山


f0316348_21402421.jpg




霧氷と御池


f0316348_21401164.jpg




ライオン岩と霧氷


f0316348_21400368.jpg




完全氷結の御池





すざましい風の中、10:00まで頂上にいました。皆の顔が赤黒くなっていました。もしかして凍傷の一歩手前?・・・・顔にはちゃんと何か付けていかないと!! 御池に下りて食事を取ったのですが、-10°だとお湯を沸かしてもすぐに冷めてしまいます。固めの冷めたカップヌードルを食べて、寒さに震えながら下山しました。
今日も撃沈を覚悟していました。しかし今日の朝日は雲に隠れていましたが何時になく赤く、一瞬ですが素晴らしいくじゅう連山のモルゲンロートをプレゼントしてくださいました。
楽しい一日を与えてくれた大船山の女神に感謝しながら帰路につきました。



by sanpo


[PR]
by cnogmai8255 | 2014-12-15 11:02 | 山歩 | Comments(8)

ピンクに染まる中岳の霧氷


f0316348_22332076.jpg
12月7日、中岳に朝駆けしました^^

登った山
「中岳」


会った人
九重山行クラブ」のボッチさん、「野生の雉」の山下さん、「九重逍遥」の大暇さん
憧憬の九重Ⅱ」のGINさん、「山靴手帖」の山靴さん、北九州の悠悠さん
 福岡の櫻木さん、ken-wishさん


6日は「てんきとくらす」で強風だったので山行をあきらめて、7日に登る事にしました。牧ノ戸Pで寝れるか心配でしたので午前0時、今季初めての雪山にワクワクしながら自宅を出発しました。瀬の本までは雪もそんなに無かったのですが瀬の本を過ぎると雪道に変わりました。牧ノ戸Pに着いた時、ヘッデンが一つ、また一つと出発して行きました。山仲間達は準備中でしたので急いで準備して-7℃のPを3時過ぎに出発しました。今日は新雪でアイゼンを着けなくて大丈夫です。久しぶりの雪道でブロッコリーの丘がとても遠く感じました。久住避難小屋に着いた時上空はガスに覆われていました。強風が吹く久住分れを飛ばされないようにして池の小屋に着きました。ここで待機していましたが5時を過ぎると空が赤くなったり、ガスに覆われたりするので撃沈覚悟で中岳へ出発しました。




f0316348_22331345.jpg


天狗が城と月

f0316348_22325658.jpg


朝日に染まる霧氷

f0316348_22325047.jpg


ピンクに染まる天狗が城

f0316348_22323664.jpg

ピンクに染まる霧氷と白口岳

f0316348_22323044.jpg


ピンクに染まるくじゅう連山

f0316348_22322358.jpg


ガスの中から顔を出す大船山

f0316348_22315529.jpg


くじゅう連山の裏焼け

f0316348_22313809.jpg


中岳山頂

f0316348_22313082.jpg


天狗が城とブロッケン

f0316348_22312261.jpg


天狗が城と雲

f0316348_22311315.jpg


吊尾根からの三俣山

f0316348_22310441.jpg


完全氷結した御池

f0316348_22305747.jpg


池の小屋とエビのしっぽ




撃沈覚悟でしたが霧氷がとても綺麗で満足でした。山は出るのですがブロッケンが少し薄くて残念でした。撮影が一段落したので池の小屋に下りて朝食を取りました。池の小屋管理官のいりえさん不在の小屋は雪まみれでした。人のいない座る所の雪は履き落としましたが凍って取れない所が沢山ありました。管理官、早く復帰してください!!
寒いときは暖かいものが一番ですが寒さのせいですぐに冷えてしまいます。帰りはアイゼンを着けてなかったのですが凍った御池を通って帰る事にしました。


f0316348_22304972.jpg


凍った御池

f0316348_22304079.jpg


三俣山

f0316348_22303272.jpg


星生山

f0316348_22302335.jpg


阿蘇山の黒煙

f0316348_22300130.jpg


盟主久住山

f0316348_22295297.jpg


ロープにできたエビのしっぽ




久住分れからは阿蘇山の黒い噴煙がもくもくと上がる光景が見え今にも大噴火が起こりそうな感じでした。
今冬初めての雪に少々疲れましたが楽しい一日でした。
それと今日からキャラバンの冬靴にしました。これで少しは寒さから身を守れそうです。
良い景色を見せてくれた山々に感謝しながら帰路に着きました。



by sanpo



[PR]
by cnogmai8255 | 2014-12-08 12:47 | 山歩 | Comments(6)