雪の英彦山


f0316348_10594978.jpg


2月11日、英彦山に行って来ました^ ^


登った山
「英彦山」


金曜日はアッと言う間に雪が積もって日が照ってアッと言う間に雪が溶けてそんな寒い一日でした。水泳の帰りに見上げる福智山は真っ白で夕陽が当たってとても綺麗でしたが英彦山は雲がかかっていました。Ryoが帰って来て明日英彦山に行くと言うので明日?と思いました。だってnacchi***さんのブログを見たら大変そうだったので・・・早く登るとトレースが無いのでユックリスタートという事になりました。
土曜日は朝少し晴れていましたが家を出る頃にはチラホラ雪が降って来ました。道にも雪が残っていたし雪もドンドン降って来て戸立峠から別所Pまでは白銀の世界です。到着した別所Pには既に一杯車が停まっていました。空いた所を見つけて駐車するのに白線なんて見えません。何処まで下がれるか判らないので外に出るとブーツが埋まってしまいました。住宅の屋根には30センチくらい積もっています。
今日は凍った滝が見たいなおさんと一緒に四王寺の滝経由で登る予定でしたが午後からの方が良いかもと言われたので中からyamahikoさんと登る事になりました。雪のモンスターが一杯の登山道を話を聞きながら登って行きました。




f0316348_11004512.jpg

奉幣殿迄の石段も段差が小さくなって登り易いです(^^)


f0316348_11002210.jpg

雪の中の昇り龍


f0316348_11003341.jpg

この上には雪のモンスターが一杯


f0316348_11001014.jpg

雪に埋もれながらようやく行者堂に到着、ここも雪がかなり深い>_<
登山道も雪が深くて一筋しかなく英彦山登山道とは思えません。


f0316348_10595981.jpg

雪庇が一杯


f0316348_10594026.jpg

一瞬の晴れ間


f0316348_10593006.jpg

テーブルも埋まっています


小屋では沢山の人がいて食事をしています。私達も隅の方でランチタイム、食事を終えて凍った滝が見たいなおさんの為に帰りは行者堂から四王寺の滝に降ろうと準備をしていると一瞬晴れ間が・・・私の晴れたの声に食事中の皆さんも外へ・・・でも本当に一瞬でした。そして行者堂迄降りて来ましたがお堂の先にトレースがありません。何度か行こうとしましたが思案の末南から四王寺直登を降りる事にしました。南からは滑るようにして降ります。雪があるから降りられる様な気がしました。登って来る人は未だ何人かいますが降るのは私達だけ・・・ヒヤヒヤしながら滝に到着しました。




f0316348_10591873.jpg





f0316348_10590837.jpg




f0316348_10590075.jpg




f0316348_10584965.jpg


なおさんが凍った滝に感激してくれたのでこのルートを降って来て良かった^o^
滝でしばし撮影タイム、晴れそうですが3:00 になったので下山開始です。その内誰かさんが言ってた"下山すれば晴れる" の通り晴れだした登山道を暑い暑いと言いながら降って行きました。




f0316348_10583593.jpg

雪のモンスター化した木々



出足も遅かったので下山も遅くなってしまいました。それでも今日は深い雪、多い所では膝上まであって雪まみれになったり滝までの降りで滑って雪まみれになったりくじゅうでは味会えないスリルを楽しむ事が出来て最高の一日でした。


by sanpo















[PR]
# by cnogmai8255 | 2017-02-12 19:43 | Comments(0)

今年初の英彦山

f0316348_10154779.jpg

2月4日、英彦山に行って来ました^ ^


登った山
「英彦山」


今週の土日は天気が悪い予報だったので山行は諦めていました。ところが土曜日、10:00位になると晴れて来たので急いで準備をして英彦山に行く事にしました。別所Pを12:00に出発、時間も遅いので中の登山道を登ります。奉幣殿を過ぎてRyoに先に行ってもらい1人マイペースで登ります。




f0316348_10174131.jpg


久しぶりに昇り龍にご対面、この先の東屋がベンチに変わっていました。今日は登山道には雪がありません>_< 写真を撮りながら頂上に1:10に到着しました。Ryoは15分待ったそうです。今日の頂上は空気が澄んでいて遠くくじゅう連山、根子岳、由布岳が見えます。最近遠くが良く見えるのは空気が乾燥しているからで空気の乾燥はいろんな支障もあるそうです。頂上で昼食タイム。




f0316348_10153782.jpg




f0316348_10152633.jpg




f0316348_10151505.jpg




f0316348_10150683.jpg




f0316348_10145339.jpg


くじゅう方面は少し雲が多い様ですが北九州方面は青空です。食事を済ませて閑散とした頂上を後にしました。帰りは北西尾根とも思いましたがアイゼンを持って無かったので中を降って行き、2:30無事別所Pに到着しました。
今日は登山を予定していませんでしたが今年初めての英彦山に来れて良かったです。地元の山ですのでこれから何度も登りたいと思っています。


by sanpo














[PR]
# by cnogmai8255 | 2017-02-05 13:58 | Comments(0)

大船山の霧氷は⁇

f0316348_23413392.jpg

1月28日、大船山に登って来ました^ ^


登った山
「大船山」



先週は寒波のおかげでくじゅうを楽しむ事が出来ました。でも今週は週の初めは寒かったけど週末は暖かくなってくじゅうの雪も溶けたのではと思いつつ2匹目のドジョウを狙って大船山に登る事になりました。2:00、ガラン台に向かってコンクリート道を登って行きます。コンクリート道には余り雪はありませんが時折大きな鳥の足跡が・・・この付近はキジが多いのでキジの足跡だろうと思いました。その内ガラン台に到着、ここからは雪が深くなってきましたがトレースがあるので何とか登っていけましたが入山公墓が近くなると雪が深くなってトレースもハッキリしません。雪に埋もれながら6:00位に頂上に到着しました。2年前に登った時はもっと雪が深くて頂上に着いた時には黎明が始まっていたのを思い出します。今日の大船山には霧氷がありません>_< 後はモルゲンに期待するのみです^^;




f0316348_23424684.jpg




f0316348_23423197.jpg


f0316348_23421981.jpg

モルゲンして来ました♪周りには雲海があるのにくじゅうにはありませ〜ん>_<


f0316348_23420849.jpg


米窪もモルゲンし始めました♪


f0316348_23415356.jpg




f0316348_23411905.jpg


遠く由布岳が墨絵の様で綺麗です
遥か向こうには四国の山並みが沢山見えました❣️


f0316348_23410773.jpg


霧氷が全く無い御池



日が登って来るに連れて暖かくなって来ました。風が強ければ御池に降りて食事をするはずでしたが暖かいので頂上で食事をします。雪の登山道を登って来たのでお腹が空きまくりです。日差しが暖かくて楽しい食事タイムでした。後は下山のみ、東尾根経由で雪の中を滑って楽しみながら降りました。そして12:00には登山口に到着しました。
今日は霧氷が無かったので淋しい頂上でしたが深い雪道を登ったり降りたり体力作りの登山でした。同行した皆さんお世話になりました。又宜しくお願いします☆彡


by sanpo




[PR]
# by cnogmai8255 | 2017-01-29 14:43 | Comments(2)

中岳のピンクサンゴ

f0316348_23242325.jpg


1月21日、中岳に朝駆けしました^ ^


登った山
「中岳」 ・ 「扇ケ鼻」




金曜日は朝から雪がちらほら舞ったり急に吹雪いたりして寒い1日でした。水泳から帰宅後急いで夕食と山の準備をして仮眠を取ろうと思うのですが中々眠れません。12:00に起きて仕度を済ませて家を出ました。途中、英彦山駅を過ぎると道路には雪があります。大山を過ぎると凍結した道路で滑った車が何台かありました。牧ノ戸Pには既に沢山の車が停まっていました。先週はあんなに少なかったのに・・・準備をして4:00に-8℃の牧ノ戸Pを出発しました。yumiさんは「歩くのが遅いので一足早く出発しましす。」と先行したのでkuuさんと出発、雪が降ったばかりで雪が多く歩きずらい急な登山道を登って行きました。ブロッコリーの丘を過ぎてyumiさんを追い越し西千里で大空さんを追越して星生崎に差し掛かりました。ガスが凄くて先が見えません。でも雪の上に足跡があるのでなんとか久住避難小屋に到着、小屋にはボッチさん、大暇さん、仙人さんが大空さんを待っていました。ここから池の小屋までは踏み跡が無くRyoが先行しました。御池の端を恐る恐る渡って池の小屋に到着。小屋で準備をしてRyoが天狗に行くと先に出発しました。私はボッチさん達と一緒に中岳に行く事にしました。中岳に着いた時はガスの中で今日も撃沈かと思いましたがその内ガスが切れ出しました。




f0316348_23243488.jpg

ピンク色に染まる霧氷が綺麗です❣️


f0316348_23241156.jpg




f0316348_23235961.jpg




f0316348_23235041.jpg

三俣山に流れるガスが綺麗です♪


f0316348_23233974.jpg

ブロッケンも


f0316348_23231543.jpg

中岳はエビのシッポが凄いで〜〜す


f0316348_23230426.jpg




f0316348_23225232.jpg




f0316348_23223988.jpg


中岳から吊り尾根に降りました。中岳も今日は真っ白です。その内Ryo達も降りて来ました。なおさんも一緒です。Ryo達は中岳へ




f0316348_23222651.jpg




f0316348_23221475.jpg

ベールをまとった大船が幻想的♪


f0316348_23220223.jpg


全面凍結した御池を見るのは今冬初めてです。撮影も一段落したので朝食の為池の小屋に降ります。今日の朝食は先週大暇さんが食べていたカレーメシです。とても美味しそうだったので私も買ってみました。暖まるしスープを飲み干さなくて済みますしとても美味しいです。
気温が上がって暖かくなってきたので衣服調整をし帰りは池を渡り上の台へ。上の台は思ったほど雪が無くシュカブラもありません>_< Ryoは星生に行きましたが私達は扇を目指します。



f0316348_23214924.jpg

久住山と霧氷


Ryoは後から来るので皆で先に登ります。扇東端で大暇さんが男性と話しています。よく見るとsumiさん‼︎山でお会いするのは久しぶり、扇に来てよかった〜〜



f0316348_23213932.jpg

肥前ケ城


f0316348_23212867.jpg

扇ケ鼻のオブジェ


f0316348_23211643.jpg


帰り道、夕駆けをする山靴さんが登って来ました。しばし立ち止まって皆で談笑、楽しい一時はアッという間に過ぎてしまいます。山靴さんを見送って牧ノ戸に着いたのは3:00過ぎ、今日も後少しいたら夕駆けだったカモです^^;
今日は天気が良くて白いくじゅうを楽しむ事が出来ました。オマケに沢山の人にお会い出来て。皆さんお世話になりました。又お会いした時は宜しくお願いします☆彡


by sanpo







[PR]
# by cnogmai8255 | 2017-01-22 13:48 | Comments(4)

今年も初登山はヤッパリくじゅう‼︎

f0316348_12394432.jpg

1月14日、天狗ケ城に行ってきました^ ^


登った山
「天狗ケ城」



今年初めての登山が諸事情により遅くなってしまいました。週末は大船山を予定してましたが大寒波が来る予報で又今週も行けないのかと思っていました。でも牧ノ戸から登ろうという事になりました。12:00過ぎ家を出て3:00に牧ノ戸に到着、ボッチさん大暇さんの間に駐車、もうとっくに登っただろうと思っていましたがまだ車の中です。ボッチさん、大暇さんに年初の挨拶をして"朝はダメだろうけど4:00になったら出発しよう。ダメだったら晴れるまで池の小屋で待機"と決定。時折上空は晴れて月が覗きますが直ぐにガスがかかります。4:00になったのでボッチさん、大暇さん、yumiさん、櫻木さん、私達親子の6人で撃沈覚悟で出発しまた。牧ノ戸Pには殆ど雪がありませんが粉雪が舞っていました。風が強くて吹き飛ばれそうになりながら6:00過ぎに池の小屋に到着。少しして頭が霧氷状態のWさんが到着しました。その内明るくなってきましたが、依然風が強くて外に出ると吹き飛ばれそうになります。Wさんは頂上に向かいましたが私達は晴れるまで池の小屋が決定、そこからは13:00位まで楽しい楽しいお喋りや居眠りです。12:00を過ぎると少しずつ山が出始めてので取り敢えず天狗と中岳の鞍部に行く事に、Ryoだけはガメラを見に稲星に向かいました。私達が鞍部に着いた時にはRyoは稲星の頂上にいました。




f0316348_13555364.jpg





f0316348_12433351.jpg




f0316348_12431304.jpg
真っ白な久住に青空が映えます(⌒▽⌒)御池は流氷みたいです。



f0316348_12413876.jpg
今日は稲星がきれ〜〜い♪



f0316348_12412905.jpg



f0316348_13553248.jpg



f0316348_14061167.jpg




f0316348_12392598.jpg

三俣山も姿を現しました♪



f0316348_12440195.jpg


強風に必死で堪えながら青空と山がコラボするのを待ちます。最後は天狗で夕方を迎える予定でしたがあえなくホワイトアウト、久住避難小屋で衣服を調整しましたが、寒いと言うより風が雪を舞い上げて顔に当たるのが痛くてたまりませんでした。6:00に牧ノ戸Pに到着、牧ノ戸は朝より雪が少しだけ積もっていました。
ようやく山に行く事が出来ました。それに山と青空の写真が撮れて良かったです^^;
今年最初の登山で山が見れないと淋しいですからね。
私のブログのタイトル、RyoのHPのタイトル共にくじゅうが付いているので最初と最後の登山はヤッパリくじゅうでないと‼︎
今年もあの山、この山と登りたいと思っています☆〜


by sanpo















[PR]
# by cnogmai8255 | 2017-01-15 15:02 | Comments(2)